アウトソーシング

Outsourcing

労務相談・就業規則

入社、退職、勤怠管理、給与計算、算定基礎届、労働保険年度更新、36協定、労災給付、出産・育児…。労務・社会保険にかかる手続は複雑かつ多種多様で、労働者の数に応じてその労力も大きくなります。創業期の手続き、労務担当者の不在や退職、労務担当者の労働時間削減と事務負担軽減等に社会保険労務士による「早く」、「確実」な事務代行サービスをご活用下さい。

業務内容

Business Outline

01

事務代行

労働・社会保険法令に関する書類作成および提出代行を行います。入退職、労災、病気、産休・育休等の一般的な手続きから業界団体等国保組合、健康保険組合、厚生年金基金加入事業所まで幅広く対応いたします。また、めぐみ事務所では、情報漏洩の抑制も視野に入れた電子申請による手続を推奨しております。
※年金裁定請求、退職者健康保険任意継続手続等は除く

02

給与計算

毎月の給与計算、賞与の計算を代行し、給与明細書、賃金台帳、勤怠集計表、年末調整書類(税務判断を有しない範囲に限る)を作成します。正しい給与計算が行えているかの確認、勤怠管理システム導入支援、固定残業制度導入又は適正化も承ります。

03

マイナンバー

マイナンバー保管・収集代行を行います。マイナンバー収集同意書等の作成、特定記録郵便等による回収、入室制限、使用端末制限のもと、専用クラウドシステムへの登録による保管を行います。

過去の事例

Case Example

CASE
01

事務代行(IT業/新規創業)

初めて人を雇用するけれど何をしていいか分からない

初めて人を雇用することになったけれど何をしていいか分からない。労災保険の成立、雇用保険の設置、健康保険厚生年金の適用など、事務代行を社会保険労務士に依頼することで、本業に専念でき、労働者にも安心して働ける会社であることを理解していただいた。

CASE
02

事務代行(電気工事業/従業員50名)

事務部門の労働時間削減

事務担当者が仕事を教えてもすぐに辞めてしまう為、ベテラン社員が長時間残業することとなってしまっていた。社労士に社会保険手続、給与計算を依頼したことで、人事総務関連手続に要していた時間が無くなり、ベテラン社員の長時間労働が解消された。電子申請の活用で、書類に押印の手間がなくなり、早期の健康保険証や離職証明書が手元に届くようになった。